インフラ

自動運転と駐車(2022年最新版)

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用化域に達し始...

完全自動運転とは?(2022年最新版) いつ実現?

自動運転実用化に向けた開発が世界中で加速している。法規制も進み始め、今後数年のうちに世界各国でサービスインする見込みだ。 ところで、現在スポットが当てられている自動運転技術は、そのほとんどがレベル4に相当する。いわゆる「高度運...

空飛ぶクルマ向けの「空港」、英国で世界初オープン Urban-Air Por...

エアモビリティ向けのインフラ事業を展開する英Urban-Air Port (UAP)は2022年5月4日までに、空飛ぶクルマや空飛ぶタクシー向けのエアポートとして「Air-One」を、イギリス中部の都市コベントリーでオープンした。 ...

空飛ぶクルマとは?(2022年最新版) 実現時期や技術的要件は?

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

空飛ぶクルマ、必要インフラ一覧(2022年最新版)

空飛ぶクルマ実用化に向けた機運が高まりを見せている。主体となるeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に注目が集まりがちだが、近年はインフラ整備に参入する企業も相次いでおり、開発の裾野がどんどん広がっている印象だ。 この記事では、...

アメリカの自動運転最新事情(2022年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

【資料解説】空の移動革命に向けたロードマップ(改訂案)

空の移動革命に向けた官民協議会はこのほど、2021年度における検討結果を取りまとめるとともに「空の移動革命に向けたロードマップ」を改訂した。改訂版では、2025年大阪・関西万博を起点に空飛ぶクルマの実運用や商用運航を大きく展開していく方針が...

ダイナミックマップとは?(2022年最新版) 自動運転向け地図、トヨタの動き...

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

自動運転サポート体制ランキング!アメリカ1位、日本は?

比較サイトを運営する英Confused.comの調査による「自動運転車をサポートする体制が整った国ランキング」が、2022年3月13日までに発表された。 調査はOECD(経済協力開発機構)加盟国を対象に「政策・法規制」「テクノ...

「インフラ」「LCA」などテーマの講演も!“くるまからモビリティへ”の技術展...

「“くるまからモビリティへ”の技術展ONLINE」(主催:自動車技術会)が2022年2月14〜18日にかけて開催される。無料参加の事前登録をしておけば、出展企業のオンライン展示のほか、業界の第一線で活躍する経営者やエンジニア、専門家...