エヌビディア創業者が基調講演 大手と協業、自動運転向けAIでさらなる事業拡大 「Drive」や「XAVIER」紹介

東京でGTC Japan 2018でフアンCEO


基調講演に望むエヌビディア創業者のジェンスン・フアンCEO=撮影:自動運転ラボ

GPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアが2018年9月13日、東京都内で「GPUテクノロジカンファレンス(GTC)ジャパン」の初日を開催した。エヌビディア創業者のジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は基調講演で、トヨタ自動車など日本の大手パートナーがエヌビディア製品を採用していることを強調した。

フアンCEOは基調講演で、初の自律動作マシンプロセッサである「XAVIER」について言及し、「XAVIERは自律AI(人工知能)システム用に設計された初めてのチップで、わずか30Wで毎秒100兆回以上のオペレーションを行う」と説明した。







また「NVIDIA DRIVE」については、運輸・交通産業に自動運転車をもたらすオープンプラットフォームだと説明。フアンCEOは「最高レベルの機能や安全技術、方法論が組み込まれているものだ」と自信をみせた。

フアンCEOによると、同社製品はトヨタ自動車やいすゞなどのほか、日本国内の自動運転関連スタートアップ・ベンチャー企業であるティアフォー社やZMP社でも採用されているという。







関連記事