半導体大手エヌビディア創業者のジェンスン・フアンCEO、AI・自動運転で重大発表

2018年9月のGPUテクノロジカンファレンスで


エヌビディアのジェンスン・フアンCEO=出典:エヌビディア社プレスリリース

GPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアが2018年9月13日と14日の2日間、東京都内で「GPUテクノロジカンファレンス(GTC)ジャパン」を開催する。

日本最大級のAI(人工知能)・GPUコンピューティング会議として注目を集めており、基調講演では、エヌビディア創業者のジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)がロボティクスやAI、自動運転のための新機能を発表する見込みとなっている。







このイベントについてエヌビディア日本代表(アメリカ本社副社長)の大崎真孝氏はこのほど、「GTCはAI技術の今後を理解するのに最高の場」と強調とした上で、日本を代表するAIのエキスパートが数多く登壇することにも触れるコメントを発表している。

この2日間のイベントにはAIやGPU、ロボティクスなどの専門家やメディア関係者など5000人以上が出席すると予想されている。合計で130以上の講演が行われ、キャノンやNTTコミュニケーションズ、パナソニック、ソニーなど75社が展示ホールで最新テクノロジーの展示・デモなどを実施する予定となっている。







関連記事