FCA、コネクテッド技術の開発をグーグルとサムスンに外部委託

欧米自動車大手メーカーが決断



出典:FCAプレスリリース

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2019年4月30日、同社の車両に搭載するコネクテッド技術の開発を米グーグルと韓国サムスン電子に外部委託することを発表した。

開発を外部委託することで開発費を削減するとともに、ソフトウェア開発に強みがある両者に開発を委託することで、最新システムの搭載までに掛かる時間を短くする。







発表によれば、グーグルとサムスン電子が開発するコネクテッドカー向けの新システムは2019年後半にも完成し、2022年までには全世界で販売させるFCAの車両に搭載させる計画だという。

発表では新システムは5G対応となることにも触れられている。







関連記事