ZMP、最新の自動運転用4眼ステレオカメラ「RoboVision3」の出荷開始

検出範囲は最大150メートル、水平110°





ステレオカメラRoboVision3=出典:ZMP社プレスリリース

自動運転ベンチャー企業の株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2019年3月8日までに、検出範囲が広範囲な最新の自動運転用4眼ステレオカメラ「RoboVision3」と、Linux開発環境に対応したソフトウェア(SDK)を付属したユニットの出荷を開始したと発表した。

RoboVision3は、ソニー製の車載向け高感度CMOSイメージセンサ「IMX390」を採用し、最大距離150メートル、水平画角110°と長距離で広い視野を持つステレオカメラを搭載している。







IMX390はHDRとLED信号のフリッカー抑制の同時処理が可能で、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転技術で重要となる「認識」や「判断」の大幅な技術向上が期待できるとしている。

価格は、自動運転用ステレオカメラ「RoboVision3ユニット」が220万円(税抜)で、RoboVision3セット用PC(組み込み用コンピュータを)が60万円(税別)となる。







関連記事