米半導体大手ザイリンクスと独部品大手ZF、自動運転分野で提携

ZF ProAIによる自動運転アプリが完成


米半導体大手ザイリンクスと独部品大手ZFは2019年1月14日までに、自動運転分野における戦略的提携を発表した。







発表によれば、ZFが開発するAI(人工知能)ベースの自動車制御ユニット「ZF ProAI」にザイリンクスの半導体技術を導入したことで、新たな自動運転アプリケーションが既に完成したという。

ザイリンクスは自動車向けに1億6000万個以上のチップを供給している。そのうち3割強の5500万個はADAS(先進運転支援システム)向けで、今後の自動運転社会の到来を見据えた技術開発も加速させている。







関連記事