アプトポッド、スマホカメラなど使ったデータ収集アプリを発表 自動車の挙動把握に活用可

オートモーティブワールドで紹介


出典:アプトポッド社プレスリリース

ソフトウェア開発企業の株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区/代表取締役:坂元淳一)は2019年1月14日までに、スマートフォンカメラなどを利用したデータ収集アプリ「Visual M2M Motion」などの新製品を発表した。

発表によれば、Visual M2M Motionを使うと自動車の車内にスマホを固定するだけで、カメラなどを使ったデータ収集によって車両挙動の把握や動画の収集を簡単に行うことができるようになる。







収集したデータはリアルタイムにクラウドへ送信することが可能なほか、スマホ内に保存することもできるという。

同社は東京ビックサイトで1月16〜18日に開催される自動車技術専門展「第11回オートモーティブワールド」でこのアプリなどを紹介する。







関連記事