マクニカとPerceptIn、自動運転の小型ロボタクシー事業化へ協業

奈良の平城宮跡歴史公園で社会実験実施へ





出典:マクニカ社プレスリリース

自動運転領域にも力を入れる半導体商社の株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:原一将)は2019年11月7日、自動運転の小型ロボットタクシーを活用したモビリティビジネスの創出を目指し、香港に本社を置くPerceptIn(パーセプティン)社の日本法人と協業すると発表した。

PerceptIn社は2006年にシリコンバレーで創業し、現在は本社を香港に、開発拠点を中国・深圳に構えている。GPS(全地球測位システム)やカメラの情報の統合などによって自動運転を実現するソフトウェア技術を有していることで知られる。







今回の協業でマクニカは、PerceptIn社の日本におけるロボットタクシービジネスの事業化を支援する。具体的には技術支援のほか、「車両以外に必要な商材のコーディネート」などで協力するようだ。

報道発表では、今回の協業を通じ、2019年11月9日から2020年3月1日にかけて奈良県の国営平城宮跡歴史公園で社会実験として実施される「パークスマートチャレンジ」に参加することも明らかにされている。

社会実験では両社による8人乗り自動運転LSEV(低速電動車両)を利用し、セーフティドライバーが同乗する形で「マイクロ・ロボットタクシー」のサービスを提供するという。







関連記事