バス×タクシー×住民による送迎…日本初のMaaS実証、舞鶴市で実施へ

オムロン子会社や日本交通、2020年4月から





住民同士の送迎の仕組み=出典:舞鶴市プレスリリース

「住民による送迎」「バス」「タクシー」を組み合わせて地域内の移動を円滑化する「MaaS」の実証実験が、2020年4月より京都府舞鶴市で日本で初めて開始される。

今回の実証実験は舞鶴市民を対象としたもので、社会システム事業を手掛けるオムロン子会社のオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)社と日本交通、舞鶴市の3者が協働で実施する。







実証実験の参加者は、OSSが開発した移動マッチングサービス「meemo(ミーモ)」を使う。meemoで目的地を検索すると、「住民による送迎」「バス」「タクシー」を組み合わせた移動方法が複数提案され、この中から利用者が希望の移動方法を選ぶ形となるという。

利用者が「住民による送迎」で移動する場合、利用者はドライバーに対し、ガソリン代のほか感謝のしるしとして「mee」をドライバーに送る。meeを受け取ったドライバーは、市からの表彰や市イベントへの優待などの特典を得ることができる。(なお今回の実証実験では、利用者のガソリン代は同実験の運営協議会から支給される)

報道発表では「3者協働で『困っている人』と『助けたい人』をつなぐ『お互いさま』の『共生』の仕組みを実現することにより、移動の課題を解決し、持続可能な社会『自律社会』の実現を目指します」としている。

【参考】関連記事としては「MaaS(マース)の基礎知識と完成像を徹底解説&まとめ」も参照。







関連記事