MaaSも自動運転向けも!ゼンリンの次世代地図データベース、シンガポールで展示

ITS世界会議2019に出展





出典:ゼンリンプレスリリース

地図情報大手の株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市/代表取締役社長:髙山善司)は2019年10月15日、シンガポール開催の「ITS世界会議2019」に出展し、MaaS向けと自動運転向けの地図データベースなどをそれぞれ紹介すると発表した。

MaaS向けの地図データベース「Mobility based Network」 を同社が対外的に公表するのは初。一つの空間上に鉄道や道路、歩行者ネットワークなどを表現しており、同社は「あらゆるモビリティ用途に最適化された交通ネットワークにより、各モビリティの接続点となる交通結節点が一元的に共有できる」と説明している。







自動運転向けとしては、3D(3次元)高精度地図データベース「ZGM-AUTO」 に関する展示を行う。このZGM-AUTOは2013年に初公開したものだが、新たに開発した同社のビューアーでより視覚的に表現したとしている。

このほか、ITS世界会議ではスマホ向け観光アプリ「WILLERS アプリ」における地図データの役割などを紹介するほか、カカクコムが展開する地域情報サイトと地図データの連携などについても来場者にアピールしたい考えだ。

ITS世界会議は2019年10月21日から25日まで。開催会場は「Suntec Singapore Convention and Exhibition Centre」で、ゼンリンは「JAPAN PAVILIONブース」内において展示を行う。







関連記事