自動運転の第2回日中合同セミナー、実用化への取り組みなどテーマ 経済産業省が発表

北京で9月20日開催





経済産業省は2019年9月2日までに、中国・北京で「第2回自動運転に関する日中官民合同セミナー」を9月20日に開催すると発表した。日中における自動運転分野に関する交流と協力を強化することが目的。







このセミナーは日本の経済産業省の世耕弘成大臣と中国の工業信息化部の苗圩部長の合意をきっかけに開催されているもので、第1回目の合同セミナーは日中経済協会と日本自動車工業会、中国汽車工業会を実施団体として、2018年12月に東京で行われた。

第2回目の合同セミナーは中国で開催され、日本側からは約80人、中国側からは約120人が出席する予定で、講演テーマとしては「自動運転の実用化に向けた取り組み」「自動運転システムの安全性評価手法」「自動バレーパーキングの実用化に向けた取り組み」などが挙げられている。







関連記事