出光興産、岐阜県でカーシェアのMaaS実証 超小型EVを使用

KDDIの予約システムを活用





オートシェア公式予約サイトのトップページ=出典:出光興産プレスリリース

石油元売り大手の出光興産株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:木藤俊一)=トレードネーム:出光昭和シェル=は2019年8月4日までに、独自のカーシェア事業「オートシェア」のMaaS実証を岐阜県飛騨市と高山市で開始すると発表した。

超小型EV(電気自動車)を使ったカーシェアを事業化するため、情報収集とビジネスモデルの検証を行うことが目的だという。実証実験では一般向けと法人向けの両方にカーシェアサービスを展開する。







実証実験で使うカーシェアリング予約システムはKDDIが提供しているもので、超小型EVはタジマモーターコーポレーションが開発する「ジャイアン」を使用する。

出光興産は報道発表で「今回の実証実験を通し、販売店ネットワークを活用した新たなビジネスモデルの検証と、独自のカーシェアリングシステムによる幅広い利用者を対象とするMaaSプラットフォームの構築を目指します」としている。







関連記事