日立、ソフトウェアの高速変更技術を発表 自動運転制御システムの安全性向上に貢献

1/10サイズの試験車両で実証実験済み





株式会社日立製作所と日立オートモティブシステムズ株式会社は2018年12月12日、自動運転用などの制御システム上で動作するソフトウェアを高速で変更することが可能な技術を開発したと発表した。

自動運転で走行しているときの安全性の向上に寄与することを目指したもの。両社は報道発表で「異常発生時においてもシステムを停止せずに動作を継続することが可能になる」としている。







開発した技術の概要=出典:日立製作所と日立オートモティブシステムズのプレスリリース

両社は1/10サイズの自動運転車両で実証実験を行い、試験走行中に疑似的に自動運転制御システムに異常を発生させるなどしながら、この技術の開発・検証を続けてきたという。

両社は「本技術を産業機器や自動車などのモビリティシステムへの適用を目指します」としている。







関連記事