DeNA、自動運転車両に信号の色などの情報を直接送信 日本信号などと実証実験

携帯電話網を活用、カメラで見えなくても大丈夫





出典:DeNAプレスリリース

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑兼CEO:守安功)=DeNA=は2019年3月5日、複数台の遠隔型自動運転車両に信号の情報を携帯電話網を活用して送る実証実験を、愛知県常滑市の中部国際空港島の公道で実施したと発表した。

実証実験は3日3日に、日本信号株式会社とアイサンテクノロジー株式会社とともに実施した。







具体的には、実証実験のルート上の交差点の信号制御器に無線装置を取り付け、信号の色や色が変わるまでの残り時間を、携帯電話網を通じて自動運転車に送信した。

信号の情報がダイレクトに自動運転車に送信されれば、車載カメラによる信号の状態の認識が遮蔽物によって妨げられるような状況でも、自動運転システム側が現状を正確に判断するこができる。

DeNAは「これまで培ってきたクラウドの技術やシステム作りの経験を活かし、低コストかつ汎用的な仕組みを実現した」としており、2020年以降に今回のこうした仕組みの社会実装を目指すとしている。







関連記事