道路を知り尽くす熟練配達員の知見、AIに学ばせ経路指示自動化 自動運転との組み合わせも期待

ゼンリン子会社とライナロジクスがタッグ





宅配事業の「ラスト1ミニット」問題の抜本的な解決を目指した「モビリティプラットフォーム(仮称)」の構築に向け、ゼンリン子会社のゼンリンデータコムと自動配車システムを開発するライナロジクスが手を組んだ。







2019年6月11日の報道発表では、エンドユーザーの手元に届く最後の1分の距離のことを示す「ラスト1ミニット」における宅配について、現在はベテランドライバーの経験や知見に頼っているのが業界の現状だと指摘している。

そのため両社は、宅配のために駐停車可能な場所や営業車両が通行可能な細街路、時間帯による交通状況、車両で入るべきでない歩行ルートなどに関する知識などを集約したプラットフォームを作り、効率的な配送計画の作成や管理に関する運用ができるようにする。

具体的には、ライナロジクス側は最適化技術やAI学習技術などを、ゼンリンデータコムは地図情報などを提供し、プラットフォームを構築していく計画のようだ。

両社は報道発表で「宅配業務において高度かつ実用的な配送指示を作成することで、プロではない、配送のノウハウを持たず、限られた時間のみ働くことができる、主婦や副業の労働力の活用が可能になります」としている。

こうしたプラットフォームは、将来的に自動運転車を組み合わせれば、物流の効率化や省人化に大きく寄与することも予想される。今後の開発状況に要注目だ。

【参考】関連記事としては「ラストワンマイル系の物流ソリューション・サービスまとめ」も参照。







関連記事