自動運転自動車の自動入庫、機械式駐車設備で初の成功 新明和工業が発表

群馬大学のCRANTSで実証実験





機械式駐車設備内に設けたセンサーが自動運転車の「タイヤ」「ボディー」を検出し、位置情報を送信している様子=出典:新明和工業プレスリリース

パーキングシステム事業も手掛ける新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市/取締役社長:五十川龍之)は2019年7月1日、機械式駐車設備における自動運転自動車の駐車実証実験に、 業界で初めて成功したと発表した。

実証実験は群馬大学と共同で取り組み、実験は同大学の「次世代モビリティ社会実装研究センター」(CRANTS)内に設置した検証用機械式駐車設備で実施した。自動運転車は群馬大学が保有する車両を使った。







実証実験は自動運転車(V)と機械式駐車設備(P)が通信する「V2P」という方式で行われ、設備側に設置されたレーザースキャナ「LiDAR」(ライダー)で自動運転車の位置情報を検出しながら誘導し、自動入庫ができるようにした。

発表によれば、実際の駐車位置と位置情報のズレ幅は10ミリ以内と高い精度を実現したという。同社はこうした技術を活用し、機械式駐車場などにおける事故の発生防止に役立てたい考えだ。







関連記事