コネクテッドカー向けオープンソースプロジェクトの「AGL」、音声認識APIをリリース

The Linux Foundationが発表





コネクテッドカー向けの共有ソフトウェアを開発するオープンソース(OSS)プロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL) 」がオープンソースの音声認識APIをリリースしたことが、2019年3月11日までに明らかになった。







The Linux Foundation Japanが報道発表した。リリースされたのは、オープンソースの音声認識とスピーチAPIを特徴とするAGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base(UCB)7.0」。

AGLのエグゼクティブ ディレクターであるDan Cauchy氏は「UCB 7.0の一部として、アプリケーションプロバイダーが自社のアプリケーションに音声機能を簡単に統合できる」と説明している。

AGLはThe Linux Foundation傘下のプロジェクトで、自動車メーカーと技術系企業が連携する中でLinuxの機能と強みを生かし、共通のオープンプラットフォームの開発に取り組んでいる。

【参考】関連記事としては「トヨタ、Linuxベースでの自動運転システム構築など支援」も参照。







関連記事