”時給88円”の介護ロボットを開発!自動運転の目「LiDAR」搭載

劇的なコスト削減、人手不足解消にも一役





出典:高山商事プレスリリース

介護ロボットの時給は88円——。人の時給の10分の1程度のコストで介護業界の救世主となりえるロボットが、このほど開発されたようだ。

開発したのは、介護事業を手掛ける株式会社高山商事(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:高山堅次)とロボットメーカーの株式会社テムザック(本社:福岡県宗像市/代表取締役:髙本陽一)。自動駆けつけ介護ロボット「SOWAN(ソワン)」には、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARも搭載されているという。







自動運転車のコアセンサーとして知られるLiDARを介護ロボットに導入することで、自動巡回や見守りを可能にした形だ。介護施設利用者のバイタルデータも常に把握し、異常時の駆けつけでも活躍する。

このロボットは高山商事の老人ホームで検証を重ね、開発に取り組まれてきた。介護業界で人手不足が深刻する中、この介護ロボットの受注の受付は既に開始されており、注目を集めそうだ。

■自動運転技術の活用はコストを大幅に削減する

今回の報道発表で触れられた「時給88円」は、居室10部屋基準で購入後に5年間使用した場合の時間単価だという。自動運転技術の導入により、こうした従来のコストが大幅に縮小される例はほかにもある。その一つが自動運転タクシーだ、

運転手ではなくAI(人工知能)に運転させることで人件費を削減し、人間ができないような長時間の稼働も可能にすることで、乗客が支払う移動コストは10分の1まで低下させることが可能だとの試算もある。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事