マイクロモビリティ推進協議会に、電動キックボード最大手Limeが加入

知見とデータを協議会と共有





出典:Luup社プレスリリース

国内の電動キックボード事業者を中心に構成されるマイクロモビリティ推進協議会(所在地:東京都千代田区/会長:岡井大輝)は2019年11月19日、電動キックボードシェアサービス世界最大手「Lime」を運営するNeutron Holdingsの日本法人が協議会に参画したことを発表した。

マイクロモビリティ推進協議会は、マイクロモビリティの社会実装を目的に設立され、活動としては安全運転指導の基本方針の決定や実証実験・事業の推進などに取り組んでいる。







今後、Lime社の保有する知見とデータを同協議会と共有し、日本で安全かつ便利に電動キックボードを使える環境作りなどについて協議していくという。

日本では今のところ規制などの問題で電動キックボードの普及には壁があるものの、一時的に規制の適用除外となる国の「新技術等実証制度」(規制のサンドボックス制度)において、電動キックボードのシェアリング事業を手掛ける企業が認定を受けたことで、解禁に向けた機運は高まりつつある。







関連記事