PFU社、自動運転などの新機能実用化支援へ「車載組込みシステム開発用コントローラ」提供開始へ

車載Linux「AGL」に対応


新たに発売する車載組込みシステム開発用コントローラ=出典:PFU社プレスリリース

業務用スキャナー大手として知られる株式会社PFU(横浜本社:横浜市西区/代表取締役社長:半田清)は2018年10月10日、AI(人工知能)やIoTなどを活用した自動運転や運転支援の開発が世界的に進んでいることなどを受け、新機能の実用化に向けた開発を支援するために「車載組込みシステム開発用コントローラ」を発売開始すると発表した。

同コントローラは、つながるクルマ(コネクテッドカー)向けの車載Linux「Automotive Grade Linux(AGL)」に対応している。車載組み込みシステムを開発するエンジニアの需要に対応させた形で、AGLの動作のためのインテルの車載向けCPU(中央演算処理装置)の最新版を搭載している。







発表によれば、同コントローラーには拡張スロットがあり、機能拡張も容易にできるという。同社は一例として自社開発する「Deep Learningアクセラレータカード」の搭載を紹介している。このカードは深層学習(ディープラーニング)の強力な処理を消費電力が少なく実現させるものだ。車載Ethernetカードの搭載もできるという。

出荷開始は2019年4月末を予定している。







関連記事