矢野経済研究所が自動運転セミナー ADASやLiDARについて担当者が解説

2018年10月26日に東京都内で


株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は2018年10月26日、東京都港区で「第6回ADAS/自動運転の最新動向セミナー」を開催する。副題は「LV4を実現するサービス・テクノロジーの最新動向と可能性を探る」。







矢野経済研究所の研究員のほか、BMWやディー・エヌ・エー、LiDARを開発するベロダインリーダー、イスラエルのインテル傘下企業モービル・アイの担当者などが、自動運転業界の最新動向やセンサーの開発状況などについて解説する。

受講料は2万5000円。場所は品川フロントビル(東京都港区港南2-3-13)で、午前10時20分から午後7時半まで。定員は240人。詳しくは「詳細ページ」も参照。

【参考】矢野経済研究所は自動運転に関わるレポートなども発表している。詳しくは「急拡大!2030年のLiDAR市場、現在の200倍に 5000億円規模、自動運転車普及で|自動運転ラボ」も参照。







関連記事