米EV大手テスラのイーロン・マスクCEO、業績好調で1100億円の特別報酬を獲得か ストックオプション付与も

株主が計画に賛成姿勢示す


テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO=出典:Heisenberg Media/Flickr (CC BY 2.0)

米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、10億ドル(約1100億円)の特別手当を受け取る可能性が出てきた。米ブルームバーグ日本語版などが2018年9月17日までに報じた。

テスラ社の株主であるTロウ・プライス・グループなどが運営するファンドが、イーロン・マスクCEOに対するこの将来的な高額手当の支払いやストックオプション付与についてのテスラ社の計画を支持したことで、現実味を帯びた形だ。支払いや付与の条件としては財務目標を10年間で達成することがあげられているようだ。







ちなみにイーロン・マスクCEOのテスラ社での年収は日本円で450万円程度。一方でイーロン・マスクCEOが保有する資産自体は2兆円以上とも言われている。







関連記事