トヨタ系デンソーが最新人事発表 グローバルマネジメント職1級の異動・出向 注目の自動運転関連技術開発

2018年9月1日付で14人


トヨタグループ半導体大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2018年9月17日までに、グローバルマネジメント職1級14人の人事異動を発表した。人事異動は9月1日付。







パワトレインシステム事業グループ・パワトレインシステム経営企画室長の田中英司氏は「監査室長」に異動し、後任には人事部人事戦略室長の吉田光輝氏が就いた。

コーポレートセンター働き方改革室長の栗原敏久氏は「人事部・働き方改革室長」に、デンソー・オートモーティブ・ドイツに出向していた黒坂隆氏は「トヨタ部長」に、東京第1営業部長の竹内友章氏は「広島支店長」に、 監査室長の鈴木敦氏は「モータ企画部長」に異動した。監査室長の鈴木敦氏は「モータ企画部長」に異動し、パワトレイン機器品質保証部・プロジェクト推進課担当部長の山口隆氏は「株式会社アドヴィックス」に出向した。

エレクトリフィケーションコンポーネント事業部副事業部長の内山秀俊氏は「エレクトリフィケーションシステム事業グループ担当部長」に、エレクトリフィケーション機器技術2部長の前原恒男氏は「エレクトリフィケーションコンポーネント事業部副事業部長」に、エレクトロニクス製品基盤技術部長の山本賢治氏は「エレクトリフィケーション機器技術2部長」に異動した。

トヨタ部長の田中誠氏は「デンソー・インターナショナル・アメリカ」に、営業グループ営業戦略室担当部長の中野義雄氏は「デンソー・オートモーティブ・ドイツ」に、広島支店長の相川誠氏は「デンソー・スウェーデン」に、モータ企画部長の滝文隆氏は「デンソー・インターナショナル・インド」にそれぞれ出向した。







関連記事