デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転での新会社設立検討を正式発表 アイシン、アドヴィックス、ジェイテクトが参加

技術結集し、メガサプライヤーに対抗


出典:デンソープレスリリース

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社は2018年8月27日、自動運転の技術開発を推進する合弁会社設立を検討することに同意したと正式に発表した。2019年3月の設立を目指し、4社の総力を結集する。

4社は株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:有馬浩二)、アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市/砕氷取締役社長:伊勢清貴)、株式会社アドヴィックス(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:大竹哲也)、株式会社ジェイテクト(本社:愛知県名古屋市/取締役社長:安形哲夫)。各社の出資割合は、デンソー65%、アイシン25%、アドヴィックス5%、ジェイテクト5%となる。







設立を検討する新会社は、自動運転時にセンサーやブレーキなどを一括制御する「統合ECU(電子制御ユニット)」と呼ばれるソフトウェアの開発を行う。4社の得意分野を活かして自動運転技術開発を加速し、トヨタ以外の自動車メーカーへの販売も行う予定で、本格的な営業活動を進めている独ボッシュやコンチネンタルなどに対抗する。

併せてデンソーとアイシンは2019年3月末に、電気自動車(EV)など電動車の部品開発・販売分野でも新会社を設立するとしている。世界のメガサプライヤーと戦うためにグループ内メーカーの総力を結集し、次世代自動車分野での新ビジネスを軌道に乗せたい考えだ。







関連記事