ブリヂストン、タイヤ騒音試験を無人自動運転で実施へ AI自動運転ベンチャーZMPと

世界的なタイヤの騒音規制背景に


出典:ブリヂストン社プレスリリース

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区/代表取締役社長:津谷正明)が、タイヤ騒音試験を無人自動運転化するためのプロジェクトに乗り出した。

タイヤ騒音試験はタイヤ性能試験の一種。2018年7月18日の報道発表によれば、自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)がブリヂストンのタイヤ性能試験のノウハウを踏まえ、騒音試験のための自動運転システムの開発を請け負うという。







実際のタイヤ騒音試験は、自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の自動運転システムで実施される予定。車両はZMP社の自動運転車両「RoboCar® MiniVan」が使用されるという。

世界的にタイヤの騒音規制が導入される中、タイヤ騒音の低減はタイヤメーカーが現在抱える主要な課題の一つ。ブリヂストン「人のスキル・ノウハウに依存しない自動運転車両を用いたタイヤ騒音試験を導入することで、性能評価の精度向上・効率化が可能になり、タイヤ製品の更なる品質向上にもつながる」と説明している。

【参考】タイヤ騒音試験に関する詳しい内容は「プレスリリース」も参照。







関連記事