米ライドシェア大手ウーバー、IPOで時価総額13兆円との試算 自動運転領域での将来性にも期待

無人タクシーの実現なるか


2019年にもIPO(新規株式公開)を予定している米配車・ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズ。同社がIPOを実施した場合、株式時価総額が1200億ドル(約13兆円)になるとの試算を米金融大手が弾き出し、話題を呼んでいる。米ウォールストリート・ジャーナルが報じた。







米電気自動車(EV)大手テスラや米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)の時価総額は最新のデータで5兆円規模となっていることから、試算通りになれば大きく時価総額でウーバーが躍進することになる。

ウーバーの成長の伸びしろは大きい。期待されている事業の一つが現在開発中の自動運転車を活用した「無人タクシー」サービスだ。同社はソフトバンクやトヨタ自動車からも出資を受けており、IPOによる資金調達もテコに自動運転車の開発を加速させる考えとみられる。







関連記事