パイオニアの3D-LiDARセンサー、ルネサスの車載情報システム用SoC「R-Car」に対応

ルネサスのデモカーに採用・搭載


パイオニア製「3D-LiDARセンサー」が搭載されたルネサスエレクトロニクス社のコンパクトデモカー=出典:パイオニア社プレスリリース

パイオニア株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役兼社長執行役員:森谷浩一)は2018年10月29日、自動運転やADAS(先進運転支援システム)の技術を搭載する車両向けに開発している「3D-LiDARセンサー」について報道発表を行った。

  1. 最重要コアセンサーまとめ LiDAR、ミリ波レーダ、カメラ
  2. 自動運転の「目」は800万円!?
  3. 悪天候時の自動運転走行に有効な地中センサー
  4. 夜間無敵の自動運転向けセンサー

発表によれば、日本の半導体企業であるルネサス・エレクトロニクス株式会社の車載情報システム用SoC「R-Car」に同社の3D-LiDARセンサーが対応したという。R-Carは、自動運転時代の車載コンピューティング・プラットフォームとして利用可能なことが特徴。







ルネサス・エレクトロニクス社は自社デモカー「Etoile(エトワール)」を開発しており、パイオニアの3D-LiDARセンサーはこのデモカーに前方障害物検知センサーとして搭載されるようだ。

パイオニアは3D-LiDARセンサーの量産を2020年以降に開始する予定。同社の3D-LiDARはMEMSミラー方式。既に2018年9月から計測距離が異なる3種4モデルの提供を開始している。

【参考】関連記事としては「LiDARのMEMS式とSolid State式、特徴や違いを解説」も参照。







関連記事