DeNA、MaaS分野での技術開発へ横断組織「モビリティインテリジェンス開発部」発足

AIやクラウドなどに精通した技術者集う


株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)=DeNA=は2018年10月18日に報道発表を行い、MaaS分野に関連する技術開発を担う横断組織「モビリティインテリジェンス開発部」を発足させたと発表した。2015年6月に発足したオートモーティブ事業本部内の組織となる。







モビリティ関連のDeNAの事業は現在、タクシー配車アプリ「タクベル」や無人運転車両を活用した日産自動車との新交通サービス「Easy Ride(イージー・ライド)」、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」、完全自動運転車両を活用した交通サービス「ロボットシャトル」など。

モビリティインテリジェンス開発部の部長には長谷歴氏が就任する。同開発部にはAI(人工知能)やクラウド、ITS(高度道路交通システム)分野に精通した技術者が集い、これらのサービスを横断して技術開発に取り組み、新たなシナジーを生んでいきたい考えだ。

報道発表ではモビリティインテリジェンス開発部が特化する領域として「交通需要予測、走行経路の最適化などのアルゴリズム領域から、地図データや位置情報ビッグデータの分析基盤などのクラウド領域など」としている。







関連記事