中国EV戦争、シャオミ参入で混沌&激化!自動運転技術の搭載見据え

今後10年間で約1兆1,000億円の投資を発表



出典:シャオミ公式ブログ

中国の大手スマートフォンメーカーである小米(シャオミ/Xiaomi)は2021年3月30日、ビジネス領域を「Smart Electric Vehicle」(スマート電気自動車)に拡大すると発表した。

報道発表によれば、スマートEVの生産に向けてまず100億元(約1,690億円)を投じ、今後10年間で合計100億ドル(約1兆1,000億円)を投資する計画だという。報道などによれば、小米はEV参入の具体的な検討を2021年1月ごろから開始していたという。







報道発表では「自動運転」については直接は触れられていないが、報道発表では自社で保有するソフトウェアとハードウェアのインテグレーション(統合)に関する豊富な知見を強調しており、将来の自動運転化を見据えているのは確実だと考えられる。

小米は自社の「パワフルなブランド力や強固な顧客基盤」(報道発表)についても強調しており、これまでの事業実績をテコにEVの分野で確固たる地位を築くことを目指すつもりのようだ。

気になるのがいつごろから生産が開始されるかだ。具体的な時期については明言されていないが、雷軍CEO(最高経営責任者)がこれまでにプロジェクトには最低3〜5年が掛かる旨を述べている。

■2015年にも自動運転車開発に関して報じられる

小米については2015年、自動車事業に着手していると報じられた。同社の特許申請文書から明らかになったもので、運転補助技術なども文書の内容に含まれていることから、自動運転車の開発を目指していると当時推測されていた。

ただ当時は小米はこの件については特にコメントせず、それ以前にも自動車事業への参入については明確に否定していた。

しかし2021年2月、同社はEV分野への参入を検討していることが発表し、参入する場合は雷CEOがプロジェクトを直接主導する予定であることが明らかにされた。そして3月30日、スマートEVに参入することが公式に発表された。

■中国におけるEV競争が過熱

中国においては2020年11月、ライドシェア最大手の滴滴出行が独自のEV車両をライドシェア用に発表した。アリババも大手自動車メーカーの上海汽車集団とタッグを組んでEVブランドをスタートさせる計画を立てている。

このように非自動車企業のIT大手などがEV領域に続々と進出している背景には、中国政府がEV推進を強力に進めていることや、米EV大手テスラが中国事業を強化していることがある。中国におけるEV競争が今後さらに過熱していきそうだ。

【参考】関連記事としては「中国・百度、自動運転の大本命に!吉利と最新EV車両製造へ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事