Xiaomi CarとApple Car、勝つのは?中国スマホ大手、自動運転EV市場へ参入発表

100億元を初期投資、まず300人以上を雇用へ



出典:Xiaomi公式ブログ

中国スマートフォン大手のXiaomi(小米科技/シャオミ)は2021年9月12日までに、自動運転EV(電気自動車)市場への参入を公式に発表した。

参入の意志は3月に明らかにしていたが、このほど中国の自動運転ベンチャーDeepMotion(深動科技)の買収を発表し、9月に入って自動運転EV開発のための子会社「Xiaomi EV」の設立を完了したことを明らかにした。







Xiaomi EVの代表は、シャオミの創業者であるレイ・ジュンCEO(最高経営責任者)が務める。つまりそれだけ自動運転EV事業に力を入れていくということなのだろう。

■シャオミCEO「最後の大規模起業プロジェクト」

シャオミは自動運転EV事業に関し、100億元(約1,700億円)を初期投資し、従業員を300人以上雇用すると明らかにしている。2021年3月の発表時には、今後10年間で総額100億ドル(約1.1兆円)を投資する方針も示している。

シャオミのジュンCEOはEV事業について「最後の大規模起業プロジェクト」と語っている。EV車両の生産については、シャオミのスマホ製品同様、工場を持たないファブレスで進められるとみられている。

今後の注目は、シャオミがEVの製造でどの企業と連係するかという点だ。

■シャオミとApple、競争を優位に進めるのはどちらか

ちなみにスマホ大手ではAppleも自動運転プロジェクトを進めているが、そのプロジェクトの進捗は公式には明らかにされていない。一方、公道での実験車の走行が複数回目撃されているほか、製造委託について韓国や日本の自動車メーカーと接触したとの報道も出ている。

シャオミは世界におけるスマートフォンの出荷台数で、2021年6月にサムスンを抜いて1位となった。Appleはシェアを落として3位となっている。シャオミが本業でAppleを追い抜く中、自動運転車ではどちらが競争を優位に進めるのか、注目だ。

【参考】関連記事としては「自動運転EVはファブレス時代に!中国ではシャオミが有力?」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事