ウェイモ、新型コロナで中止していた自動運転実証実験を再開へ

モノの無人配送サービスの有望性も高まる





出典:Waymo社プレスキット

自動運転車両の開発を行なうGoogle系ウェイモは、新型コロナウイルスによって中止していた米アリゾナ州フェニックスでの自動運転実証実験を再開させる。米経済誌フォーブスが報じた。

再開するのは人間のテストドライバーを乗せた実証実験で、米国疾病予防管理センター(CDC)やアリゾナ州当局が定めた感染防止のためのガイドラインに基づき、ドライバーのマスク着用など対策を講じた上で再開する。







ウェイモはサンフランシスコやデトロイトなどでの実証も順次再開させるという。

■Waymo Oneの再開時期は未定

一方、住民向けサービスとして展開されていた自動運転タクシーサービス「Waymo One」の再開時期は未定となっている。

Waymo Oneは世界初の自動運転タクシーサービスとして、アリゾナ州フェニックスで2018年12月から展開されていた。このサービスがスタートした当初はセーフティドライバーが同乗していたが、ローンチから1年弱で完全無人の自動運転サービスを一部地域限定でスタートさせている。

また、ウェイモはtoB向け(企業向け)にモノを無人配送するサービスにも着手していることでも知られる。新型コロナウイルスがEC(電子商取引)需要の増加に拍車をかける中、同サービスの有望性はさらに高まったといえそうだ。

※自動運転ラボは新型コロナウイルス関連の記事を「タグ:新型コロナウイルス|自動運転ラボ」でまとめて発信しています。

【参考】関連記事としては「自動運転タクシー、「念のため係員も」から「完全無人」へ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事