ボルボの「究極シミュレーター」、ADASの進化を下支え!現実と仮想、シームレスに?

ヘッドセットや触覚伝わるホイールも



出典:ボルボ・プレスリリース

スウェーデンの高級自動車メーカーであるボルボ・カーズは2020年11月24日までに、安全な運転支援技術の開発のため、ゲーム技術を活用した「複合現実シミュレーター」を活用していることを明らかにした。

■物理的なプロトタイプを作る必要なし

エンジニアたちから「究極のドライビングシミュレーター」と呼ばれているこのシミュレーターには、微調整可能な運転席、触覚フィードバックのあるステアリングホイール、透き通ったバーチャルリアリティヘッドセットを備えており、現実と仮想の境界を曖昧にさせるかのようなシミュレーターだ。







例えば、運転支援技術の1つである「衝突回避技術」などの検証に関しては、「物理的なプロトタイプを作ったり、複雑なシナリオを設定したりすることなく、実際の環境で完全に安全なテストを行うことができます」(※プレスリリースより)と説明されている。

このシミュレーターでは、最先端のリアルタイム3D開発プラットフォームであるUnity社と、仮想現実(VR)や複合現実(MR)を手掛けるフィンランドのスタートアップ企業Varjo社の最先端技術を使用しているという。

この「究極のドライビングシミュレーター」は、2020年11月18日にボルボがライブストリーミングしたイベントでデモンストレーションされた。その様子は、現在もオンデマンドで「https://live.volvocars.com/」から閲覧することができる。

■自動運転車を仮想テスト環境で走らせるソフトウェアも

今回ボルボ・グループが披露したシミュレーターは、人が乗るタイプのシュミレーターのようだが、仮想空間で自動運転車を走行させるタイプのシミュレーターも開発各社は盛んに活用している。

例えば、こうしたシミュレーターのベンダーとしては米半導体大手のNVIDIAなどが知られており、自動運転の仮想テスト環境「NVIDIA DRIVE Constellation」をトヨタなどに提供している。

自動運転の実現にはAI(人工知能)に膨大な量の運転を経験・学習させることが求められ、トヨタによれば、経験・学習として必要な距離は実に「トリリオン・マイル」(1兆マイル)以上だという。こうした膨大な経験をさせるには、現実空間より仮想空間の方が適している。

■【まとめ】シミュレーターが技術の進化を下支え

ADASや自動運転技術においても、シミュレーターが技術の進化を支えている。「次世代モビリティ×シミュレーター」という視点でもさまざまなニュースを取り上げていきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事