自動運転開発に有用!センサーフュージョン対応の「VR空間」登場

理経が発表、日本NIのMonoDriveと連動



出典:理経ニュースリリース

システム開発の株式会社理経(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:猪坂哲)は2020年11月24日までに、日本ナショナルインスツルメンツ(本社:東京都港区/代表取締役:コラーナ・マンディップシング)=日本NI=が取り扱う高精度センサーシミュレーションソフトウェア「monoDrive」と連動させた「車両開発用VR空間」を開発したことを発表した。

■「センサーフュージョン対応」に

自動運転車の開発でシミュレーションソフトウェアが用いられるケースは多い。理経では、米ゲーム開発企業のEpic Gamesが提供しているVR(仮想現実)開発エンジン「Unreal Engine4」を用いて車両開発用VR空間を提供しており、すでに複数社で導入済みだ。







ただ、理経の車両開発用VR空間はカメラに対応しているが、実際の車両にはカメラ以外のセンサーも搭載される。たとえばレーザー光を利用するLiDAR(ライダー)だ。そんな中で理経は車両開発用VR空間をmonoDriveと連携させ、LiDARのシミュレーションも可能にしたという。

つまり、理経が提供していた車両開発用VR空間が、複数のセンサーを組み合わせる「センサーフュージョン対応」になったというわけだ。

出典:理経ニュースリリース

車両開発用VR空間ではすでにお台場や首都高速道路などのVR空間を生成しており、monoDriveとの連携で、カメラとLiDARを使ったシミュレーションがこうしたVR空間でできることになる。

■理経と日本NIのタッグで、自動運転技術は前進

理経は1957年に設立されたエレクトロニクス業界のソリューションベンダーである。世界有数メーカーとのネットワークを強みとし、最先端技術・製品を核とした多彩なソリューションを提供している。一方で日本NIは、アメリカ・テキサス州に本拠を構える計測器・制御メーカーNIの日本法人だ。

この両社がタッグを組み、今回、自動運転開発を加速させるセンサーフュージョン対応の車両開発用VR空間が出来上がった。自動運転開発に力を入れている大手メーカーやシステム開発企業から注目を集めることになりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事