仏ヴァレオ、CES 2020で自動運転の電動配送ドロイドを初公開

歩行者の次の行動を予測するAIも披露





出典:Valeoプレスリリース

フランスの自動車部品大手ヴァレオは2020年1月6日までに、米ラスベガスで7日に開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES 2020」で展示する内容について発表した。

目玉となるのは自動運転型(自律型)の電動配送ドロイド「Valeo eDeliver4U」で、世界に向けて初めて公開する。発表によれば、自社開発した認識システムを搭載していることで自動でルートを検知でき、「ゼロエミッションでの都市部の配送に適しています」と説明している。







発表によれば、Valeo eDeliver4Uは中国の大手食品流通サービスプロバイダー大手Meituan Dianpingとともに共同で開発したものだという。

このようなトピックスは、大手自動車部品メーカーによる宅配ロボットの製品化に向けた具体的な動きとして、注目すべきものであると言える。

欧米のグローバル「ティア1」も自動車に関しては自動運転時代もOEMメーカーの目がサプライヤーという位置付けに徹すると思われるが、人を乗せない配送ロボットなどのミニヴィークル系に関しては、製品そのものを提供する存在になりそうだ。

■次の行動を予測する「ヴァレオMove Predict.ai」も展示

ヴァレオはCES 2020で人工知能(AI)関連の技術も紹介する。その一つが「ヴァレオMove Predict.ai」で、自動車の近くにいる歩行者やサイクリストなどを検知し、その後の動きを予測するというソリューションのようだ。

例えば、その歩行者が携帯電話を使用しているのかなども検知し、その後の行動を予測できるという。その結果として危険が差し迫っていると判断されれば、AIが自動車のドライバーにアラートを出したり緊急ブレーキを作動させたりするらしい。

出典:Valeoプレスリリース
■LiDARに関する実演も!

いまほぼ全ての大手自動車部品メーカーが自動運転を含むCASEへの対応を強化している。日本のデンソーやドイツのボッシュのほか、ヴァレオもその1社だ。

ヴァレオは「自動運転の目」と呼ばれる「LiDAR」(ライダー)センサーの開発にも力を入れている。CES 2020ではLiDAR製品を使ったデモも実施される見込みで、多くの来場者から注目を集めそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事