トヨタe-Palette、自動運転で五輪選手村の「足」に!SNSで世界に拡散

2018年に発表された次世代型モビリティ



ほとんど報道されていないが、東京オリンピック2020の選手村で、トヨタの自動運転EV(電気自動車)シャトル「e-Palette」が選手の移動手段として活躍している。オリンピック選手や競技関係者がその様子をTwitterでツイートするなどし、話題になっている。

■選手村で活躍するトヨタe-Palette

e-Paletteは2018年にトヨタが発表した次世代型モビリティだ。ハンドルやブレーキなどがなく、車内空間を幅広く使えることができることが特徴で、2019年10月にはオリンピック仕様のe-Paletteが発表されている。







トランポリンの日本代表である森ひかる選手は、Twitterで「選手村はすごく大きいので、このようなバスが走っていて、バス停で待っていれば乗せてくれます。中には椅子もあって座れます。快適でした」とe-Paletteについて投稿した。

一方、東京オリンピック男子体操の強化副本部長である原田睦巳氏は「選手村内は全自動の電気バスが走ってます!炎天下、日中は日陰が無いので移動には本当にありがたい!」とツイートした。

2人のツイート動画からは、e-Paletteが選手村の中を滑らかに走行している様子が見てとれる。ちなみに、車内の進行方向前方には係員が1人立っており、万が一のときの対応などを担っているとみられる。

■海外選手もTikTokで投稿、世界に拡散

ちなみにトヨタは、最高位のスポンサー契約を国際オリンピック委員会(IOC)と結んでいるが、コロナ禍が収束していないことなどに配慮し、オリンピック関連の自社CMを放映しないことを決めている。豊田章男社長は開会式の出席も見送った。

こうしたことは報じられている一方、e-Paletteが選手村で活躍していることは、あまり報じられていない。しかし、オリンピック選手には大きなインパクトを与えているようで、海外選手がSNSに投稿し、海外にe-Paletteの話題が拡散している。

以下は、カヤックシングルのオーストリア代表であるビクトリア・ウォルフハルト選手がTikTokに投稿した動画だ。夜の選手村の中を走行するe-Paletteを紹介している。

@vikiwolffhardt

would you go for a ride through the olympic village? #olympics #olympicathlete #olympicvillage

♬ Nice To Meet Ya – Wes Nelson

トヨタにとってオリンピック関連のCMを流せないのは痛手だが、トヨタの技術の凄さは選手村発で世界に拡散している。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事