災害で信号機にトラブル!カメラ頼りの自動運転車はどうなる?

安全確保へ、さまざまな方法で実証実験



自動運転車では一般的に、カメラで信号の色を認識してAI(人工知能)が適切な判断を行う手法が取り入れられている。しかし、自然災害などによって信号にトラブルが起きた場合、自動運転車は安全に走行できるのだろうか。







こうした懸念を無くすべく、信号が車から見えなかったり、動作しなかったりといった場合においても、適切に自動運転車が走行できるような仕組みが、さまざまな形で実験されている。

■ソフトバンクやDeNAなどが実証実験

2020年3月25日、福岡県北九州市において、Wireless City Planningと日本信号、ソフトバンクにより、遠隔運転車両へ交差点からの危険情報を5Gを活用して提供する実証実験が行われた。

災害発生時を想定し、交差点での危険な状況をAI処理において認知し、遠隔操作可能な車両へ情報提供するというものだ。

この実験はあくまで遠隔運転を想定したものだが、「高速」「大容量」「超低遅延」の5G通信でこれらの危険情報などがやりとりされれば、高いリアルタイム性が求められる自動運転においても安全走行が可能になる。

2019年3月にDeNAと日本信号が愛知県で行った実証実験においては、信号機と自動運転車両が無線通信で直接情報を受けとるという取り組みが行われた。

これは信号機の視覚情報に頼らない取り組みであり、障害物で信号機が見えなくなったり、点灯箇所が壊れた時にも有効な対策となるであろう。

■車と車が通信することで解決も!?

2019年9月の台風15号では千葉県で大規模停電が起こり、多くの信号機が使えなくなったことは記憶に新しい。また、交通事故の約半数は交差点で起こっており、自動運転の時代においても交差点の安全は重要課題だ。

ちなみに米カーネギーメロン大学では、車と車が通信することで「このタイミングで通行できる」といった信号をやり取りし、従来の信号機が無くても交差点などを安全通行ができる仕組みなどが試みられている。

こうした仕組みを使えば、停電などで信号機が使えない場合でも安全を保てるはずだ。このように、どんな状況においても自動運転車が交差点を安全通行できるようにする方法は、さまざまな角度から検討されているのだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事