米コロラド州の自動運転EVバス、全米最大のネットワークに!?大学とダウンタウンを接続

仏EasyMileの「EZ10」を使用



出典:コロラド鉱山大学ニュースリリース

米コロラド州の自動運転プロジェクト「AvCo」(Autonomous Vehicles Colorado)は2021年8月30日までに、州内の郊外都市ゴールデンにおいて、低速の自動運転EV(電気自動車)シャトルの運行をスタートした。

現地報道によると、走行ルートを段階的に拡大していき、自動運転バスの交通ネットワークとしては全米一の規模となる見込みだという。







自動運転EVシャトルは最大9台運行する予定で、まずコロラド鉱山大学の中央キャンパスや陸上競技場、そしてゴールデンのダウンタウンなどを結び、大学に通う学生や大学の教職員のほか、一般の乗客などの利用を想定しているという。

コロラド州ではその後、第2フェーズとして、Greenwood VillageやColorado Springsなどの都市でも自動運転EVシャトルの運行を順次開始していく予定のようだ。

■仏EasyMileの「EZ10」を使用

今回使用されている車両は、自動運転バスの開発ベンチャーである仏EasyMile(イージーマイル)社が開発した「EZ10」で、ハンドルがついていない車両だ。

LiDARを搭載しており、障害物の回避はお手の物だ。EasyMileの上席副社長であるSharad Agarwal氏は「10セント硬貨が車両の前に飛び込んだとしても正確に停車できる」と自信を見せる。

ゴールデンでの走行では、時速25マイル(時速約40キロ)制限の道路を、最高時速12マイル(時速約20キロ)で走らせるという。安全に配慮した形だ。車両内では専門のトレーニングを受けた鉱山大学の学生が1人乗務し、万が一の場合に備える。

■「新しい歴史のチャプターを開く」

コロラド州の担当者は「我々が世界の交通運輸業界の新しい歴史のチャプターを開く」と語る。まずは事故なく安全な運行が続けられるか、注目だ。

▼EasyMile公式サイト
https://easymile.com/
▼EasyMileプレスリリース一覧
https://easymile.com/news

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事