すごいぞ!水に浮くEV、自動運転化も

日の丸ベンチャーFOMMが挑戦



出典:FOMM公式サイト

小型EV(電気自動車)を開発するFOMM(フォム)。神奈川県川崎市に本社を置き、タイで車両の生産を手掛けている日の丸ベンチャー企業だ。

そんなFOMMの開発する「FOMM ONE」は、水に浮いて移動できることが特徴だ。これなら洪水が多い東南アジアでも安心。なかなかユニークな発想だ。







そんなFOMMがどうやら、EVの自動運転化も進める計画らしい。このほど発表されたビットワングループとの資本・業務提携に関するプレスリリースで、明らかになった。

自動運転化の詳細は明らかになっていないが、水に浮くし、自動運転も可能となれば、世界のEVマニアが黙っていないかも。

ちなみにFOMMは自社について「独創的な設計技術によりモビリティの企画開発を行うR&D型のモビリティ・メーカー」と説明している。今後もFOMMに注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事