自動運転が「不気味の谷」を超えた!

乗車後の方が信頼度がアップ



Waymoの自動運転シミュレーター=出典:Waymo

「不気味の谷」という言葉がある。ロボットを人間に似せていくと、人間とあまり似ていないときは好感度を持てるが、似すぎると気味が悪くなるという現象だ。

この不気味の谷を超えることが、ヒューマノイドロボットの開発において、非常に重要な意味を持つ。人々に気味悪がられたままでは、なかなか社会に普及にしていかないからだ。







自動運転にあてはめてみて考えてみよう。米Waymoが無人タクシーを実現するなど、自動運転技術はすでに実用化されているが、AIの運転操作を気味悪く感じる人はいるだろうか。

結論を言うと、気味悪さを感じる人はすでにほとんどいない。日本において実施されたある実証実験でも、自動運転車に乗車後の方が自動運転への信頼度が増したという。

すでに不気味の谷を超えたと思われる自動運転。自動運転で走行するための法整備も整っていけば、普及はどんどん進むと思われる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事