道の駅で3カ所目!自動運転カートの100円移動サービス、福岡県みやま市でスタートへ

九州初、電磁誘導線を使った自動運転



出典:国土交通省プレスリリース

国土交通省は2021年7月14日までに、「道の駅」などを拠点とした有料の自動運転移動サービスを福岡県みやま市で導入することを発表した。ヤマハ発動機製の自動運転カートを使用する。

道の駅での有料の自動運転移動サービスの導入は、秋田県北上小阿仁村、滋賀県東近江市蓼畑町に続いて3カ所目になる。







■電磁誘導線を使った自動運転、安全要員が同乗

みやま市での自動運転サービスは、バイオマスセンター「ルフラン」と地元商店を結ぶ走行ルートで、2021年7月19日から開始される。往復で約7.2キロの距離となっており、乗車運賃は1回100円、小学生以下と65歳以上は1回50円で利用できる。

月曜から金曜日の1日5便運行される。定員は6人で、乗客は4人までとなっている。走行速度は時速12キロ。走行ルートに電磁誘導線を敷設することで、自動運転を実現している。

走行中は地元のタクシー会社のドライバーが乗車するが、通常時はハンドル操作をすることはなく、運行の監視役という役割を担う。

現在はまだ安全を最優先し、電磁誘導線を使った時速12キロの自動運転かつセーフティドライバーが同乗するステージであることは理解できるが、地方都市における現実的な運用コストを考えると、電磁誘導式という安全性に考慮した仕組みを使うからこそ、無人化への飽くなき追求を期待したいところだ。

■道の駅で続々と自動運転移動サービスがスタート
出典:国土交通省 ※クリックorタップすると拡大できます

国土交通省は2017年から、道の駅などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を進め、2019年11月に初めて、道の駅などを拠点とした自動運転サービスが秋田県上小阿仁村で社会実装された。

上小阿仁村では道の駅「かみこあに」を拠点とした走行ルートで運行しており、利用者は1回200円で乗車することができる。運営主体はNPO法人「上小阿仁村移送サービス協会」で、地元の有償ボランティアが運行の監視を担当している。

2021年4月には、滋賀県東近江市蓼畑町でも自動運転移動サービスが社会実装された。道の駅「奥永源寺渓流の里」が拠点の走行ルートとなっていて、乗車運賃は1回150円だ。

また、日用品やキャンプ用品の運搬サービスも実施しており、1回100円で利用することができる。蓼畑町でも地元の有償ボランティアが運行の監視を担当している。

■【まとめ】持続可能性を有した交通手段に

地方では収益性の悪化によって公共交通のサービス縮小が顕著で、将来的に自動運転移動サービスが完全無人化され、運行コストがかなり少なく済むようになれば、持続可能性を有した交通手段として活躍するはずだ。

4カ所目、そして5カ所目の社会実装はどの街となるのか。引き続き、注目していきたい。

▼自動運転サービスの運行が始まります|みやま市
https://www.city.miyama.lg.jp/s006/kurashi/140/jidouunten.html
▼報道発表資料:中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービス 福岡県みやま市で本格導入へ(九州初):国土交通省
https://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001470.html

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事