新型コロナ、中国に続き米フロリダ州でも自動運転車両が活躍

検査キットや検体を輸送、自治体と企業が協力





出典:Mayo Clinic公式YouTube動画

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、中国で自動運転車両が活躍していることをこれまで自動運転ラボでは紹介してきた。医療品の配送や道路の消毒にスタートアップ企業の開発車両が使われ、人のマスクの活用を監視する自律走行ロボが活躍していることにも触れた。

ただ中国国内だけではなく、感染拡大が中国に遅れて顕著になり始めたアメリカでも、自動運転車両を活用する例が目立ち始めている。







■4者協力体制でフロリダ州にて検査キットや検体を輸送

アメリカ国内で自動運転車が活躍しているのはフロリダ州だ。

ジャクソンビル市のジャクソンビル交通局と地元の医療施設Mayo Clinic、自動運転バスを開発するフランス企業のNAVYA、自動運転ソリューション開発のBeepが協力し、新型コロナウイルスの試験向けキットの輸送と検体の回収を自動運転車両で行っている。

その様子は下記のYouTube動画「Autonomous shuttles help transport COVID-19 tests at Mayo Clinic in Florida」で紹介されているので、閲覧してみてほしい。車両への積み込みはスタッフが行っているが、移送は自動運転車両で行われている。

Mayo Clinicによれば、すでに車両4台が活躍しているようだ。ジャクソンビル交通局とMayo Clinic、NAVYA、Beepは3年前から自動運転に関する実証実験に取り組んでおり、今回その取り組みが実を結んだ形だ。

■日本でも自動運転車両は活躍する?

新型コロナウイルス問題の終息が見えない中、中国に加えてアメリカでも自動運転車両が活躍する例が出始めた。日本でも今後こうした動きになっていくかは分からないが、移送などの作業を自動化することで検査工程における人の感染リスクが少なからず軽減されることは確かだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事