コンサルタント職の案件も!自動運転&MaaS、気になる求人5選【2020年7月】

パナソニック、WHILL、ティアフォー…



自動運転分野やMaaS分野では、自動車メーカーや部品メーカーなどの自動車業界以外からも求人が増加している。この記事は自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2020年7月版として、自動運転分野やMaaS分野における求人案件として注目したい案件をピックアップして紹介する。







■パナソニック:新規モビリティソリューション事業の開発業務を担当

パナソニックはモビリティ領域に力を入れている企業だ。今回募集しているポジションではMaaS関連の知識も求められており、グローバルな新規モビリティソリューション事業の開発業務を担当し、海外赴任の可能性もあるようだ。

仕事内容としては、海外現地企業とのジョイントベンチャー(JV)の立ち上げやスタートアップとの協業、赴任先の国での政府との交渉なども挙げられている。

▼本社戦略事業部門(モビリティソリューションズ)における新規グローバル事業創出
https://jp.indeed.com/%E4%BB%95%E4%BA%8B?jk=0e75941604f63a03

■デンソーアイティーラボラトリ:次世代のモビリティ技術に関する研究者を募集

デンソーアイティーラボラトリは、自動車業界にイノベーションを起こすために、自動運転技術などの研究開発に取り組んでいる企業だ。

今回の求人案件は次世代のモビリティ技術に関する研究者の募集で、担当する研究テーマとしては、自動車を中心とした周辺環境のセンシングシステムや画像認識、ユーザーインターフェイス、制御などとされている。

▼研究開発リサーチャー※自動車の最新技術を支える情報処理技術の研究
https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3004193104

■WHILL:自動運転とMaaSの両方で人材を募集中

デザイン性に優れたパーソナルモビリティを開発している企業として知られるWHILLは現在、「パーソナルモビリティを使った自動運転技術の開発」を担当する人材などを募集している。

そのほかMaaS分野では、WHILLを導入している顧客と関係を作り、サービスエリアや事業規模拡大を目指す「カスタマー・エクスペリエンススペシャリスト」も募集している。

▼自動運転エンジニア
https://jp.indeed.com/%E4%BB%95%E4%BA%8B?jk=3c565104b3f4a95c

▼MaaS事業 カスタマー・エクスペリエンス スペシャリスト
https://jp.indeed.com/%E4%BB%95%E4%BA%8B?jk=f98dfae9b7ccde46

■ティアフォー:自動運転運行管理ツールの開発人材を募集

オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発に取り組んでいるティアフォーは、自動運転業界で注目される存在だ。そんな同社からは現在、「サーバサイドエンジニア」の求人案件などが出ている。

自動運転運行管理ツールを開発するリードエンジニアとしての活躍が期待されるポジションで、同社は「少数精鋭で運営しており、サービス開発のリードエンジニアになっていただき、日本および世界の自動運転界をけん引していただくことを期待しています」としている。

▼「東大発!日本トップの自動運転ベンチャー」 株式会社ティアフォーがサーバーサイドエンジニアの人材を探しています
https://jp.indeed.com/%E4%BB%95%E4%BA%8B?jk=aa3ae5b531b7a45c

■MRIリサーチアソシエイツ:自動運転やコネクテッドカー分野のコンサルタントを募集

三菱総合グループのコンサルティング企業であるMRIリサーチアソシエイツは、自動運転やコネクテッドカーなどのリサーチやコンサルティングを担当する人材を募集している。

求人ページでは「社会システム事業において、プロジェクトリーダーまたはメンバーとしてコンサルティング業務を担当いただきます」としており、この分野に関わった経験がある人はぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

▼リサーチ・コンサルティング/社会システム事業/自動運転分野~三菱総研グループ~
https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3004193419/

■非エンジニア職の求人も増えてきている印象

自動運転分野やMaaS分野では最近、エンジニアだけではなく、リサーチャーや事業開発担当といった非エンジニア職の求人が多くなってきた。もちろん、エンジニア求人の数も増加している。

新型コロナウイルスの影響で関連求人案件数は一時減ったが、すでに回復傾向にある。転職サイトで「自動運転」「MaaS」といった単語で検索すると多くの求人案件がヒットするので、関心がある人は定期的に検索してみてはいかがだろうか。

■この分野に特化した特設ページや転職支援も

自動運転やMaaS関連では、この分野に特化した求人などを扱う特設ページや転職エージェントによる転職支援などが積極的に展開されつつある。マイナビがその一例だ。自動運転ラボも独自にこの業界に特化した転職支援サービスを提供している。










関連記事