自動運転、デンソーのライバルにファーウェイ浮上?「車体以外」で勝負か

通信・コネクテッド技術の提供のほか、格安LiDAR開発も



大手通信機器メーカーの中国ファーウェイ。自動車分野での事業展開も目立ち始めており、中国メディアによれば、2020年10月に開催した製品発表会で、スマートカーのためのフルスタックソリューション「HI」を発表したという。







このHIを通じ、自動運転車に必要なコネクテッド技術やセンサーなどを自動運転車の製造企業に対して提供していくようで、ファーウェイは自動運転車自体の製造というより、「車体以外」で勝負していく考えのようだ。

ちなみにファーウェイは2020年5月、次世代通信規格「5G」に関して自動車メーカーなど18社と提携すると明らかにしている。自動運転では高速・大容量に耐えうる通信技術が必要となり、自動車メーカーが通信機器大手と組むのは必然的な流れだ。

ファーウェイは江蘇省で自動運転ネットワークの共同研究所を設立したことも発表している。この研究所では自動運転ネットワークの実用化を加速させる取り組みを行うようだ。

■LiDARの開発にもすでに着手、1ユニット200ドル台で提供へ?

LiDARに関しては2020年8月、ファーウェイが「自動運転車の目」となるLiDAR(ライダー)の開発にも着手することに関し、報道があった。LiDARの1ユニット当たりのコストを500ドル台、さらには将来的に200ドル台まで下げる計画のようだ。

LiDARは自動運転のためのセンサーとして必要不可欠なものとなっているが、そのコストの高さがネックになっている。低価格LiDARの開発を進めている企業は増えているが、その低価格競争にファーウェイも乗り出す形となる。ちなみに米Luminarは500ドル台のLiDARを既に発表している。

このように、ファーウェイが自動運転車の車体製造以外で勝負するとなると、日本のデンソーやドイツのボッシュなどの競争相手になることになる。2020年における中国コンシューマー・エレクトロニクス企業番付で1位のファーウェイが、今後自動車分野でどこまで存在感を高めてくるのか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事