目指すは完全無人の「レベル4」!福岡空港で自動運転大型バスの実証スタート

いすゞ・西鉄・三菱商事が共同で実施



出典:いすゞ自動車プレスリリース

福岡空港で自動運転大型バスの実証実験がスタートした。将来的には、人の関与を前提としない「自動運転レベル4」(高度運転自動化)の水準まで技術レベルを引き上げることを目指すが、今回の実証実験ではまず自動運転レベル2での走行を成功させる。

■「外部のスタートアップ企業」のシステム採用

実証実験を実施するのは、いすゞ自動車と西日本鉄道、三菱商事。実証実験は2022年3月8日〜4月8日に実施され、福岡空港における国内線・国際線連絡バス道路の約1.4キロが実験区間となっている。







3社は報道発表で「運用・サービスに関する課題点を洗い出し、自動運転バス技術を高めながら、将来的な社会実装の実現に向けた検討を進める」としている。

【参考】関連記事としては「自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?」も参照。

実証で使用されている大型車両は、定員79人のいすゞ製「エルガ 2RG-LV290Q3」。8つのLiDARや望遠・広角カメラ、ミリ波レーダー、ジャイロセンサ、GNSSアンテナが搭載されており、「外部のスタートアップ企業」が開発した自動運転システムを採用しているという。

ちなみに採用した自動運転システムについては「車両上部に搭載したLiDARで検知したスキャンデータを、3Dマップとマッチングさせて自車位置推定を行い、3Dマップに埋めた走行軌道をなぞり自動走行」と説明されている。

■車体が大型だと一層の慎重さが求められる

大型バスは輸送効率が小型・中型バスにより高い。そして自動運転レベル4が実現できれば運転手も不要になるため、コストを抑えた運用も可能となる。こうした理由から、「レベル4×自動運転」に対する期待感は大きい。

だがその一方で、車体が大型だと事故が起きた際のリスクは小型・中型のトラックよりも大きくなる。そのためレベル4実現に向けては、一層の慎重さが求められる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事