農業用自律飛行ドローン、ウクライナ最大の導入プロジェクトの行方は?

中国XAGから100台購入、納入間近だったが…



出典:XAGプレスリリース

ウクライナが最近、農業用ドローンなどを開発する中国企業XAGから、農業散布用ドローンを100台購入していたことが明らかになった。

XAGがウクライナから発注を受けたのは、噴霧器を積んだ自律飛行型の農業用ドローンだ。農業用ドローンの単独発注としては「ウクライナ最大」になるという。







ロシアとの戦争で不透明感が増すウクライナ。小麦やトウモロコシの主要輸出国であるウクライナで、農業の近代化に向けた取り組みが進んでいることを感じさせる。

■ウクライナ農業の近代化の取り組みに打撃

2007年設立のXAGは、農業の自動化ソリューションや産業用無人機を手掛けている。広州に本社を置き、日本や韓国、米国、オーストラリアなどにも拠点を持つ。

今回ウクライナが購入したXAGの農業用ドローン100台のうち、約6割が新世代モデル「XAG V40 Agricultural Drone」だという。2022年2月22日時点の情報では、近日中に50機が引き渡され、残りの50機は数カ月以内に納入される予定だとされている。

ちなみにXAG製の農業用ドローンは、2021年からウクライナで導入されているという。小麦や大麦、トウモロコシ、菜種、ヒマワリなどの農産物の生産現場で、除草や施肥、害虫・病気の予防など、さまざまな用途でXAG製ドローンが活躍しているようだ。

しかしロシアとウクライナ情勢の悪化により、ウクライナの農業は深刻な影響をすでに受けている状況だ。そしてXAG製ドローンの納入が遅れれば、ウクライナ農業の近代化の取り組みに水を差されることになる。

▼XAG公式サイト
https://www.xa.com/jp

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事