キャシーウッド氏「LucidとRivianが自動運転に参入したら買うわ」

「商品価値を最大化する確実な方法」と力説



出典:アーク・インベストメント・マネジメント公式サイト(https://ark-invest.com/our-team/

Cathie Wood(キャシー・ウッド)氏をご存じだろうか。世界的に注目を集める米アーク・インベストメント・マネジメントの創業者で、同社のCEO(最高経営責任者)だ。

アーク・インベストメント・マネジメントは「破壊的イノベーション」をテーマに、将来有望とされるテクノロジー企業の銘柄ばかりを集めた「上場投資信託」(ETF)を米国市場で上場させており、ウッド氏がどのような銘柄をETFに組み込むかはとても注目される。







そんなウッド氏がこのほど、最近話題の新興EV(電気自動車)メーカーである米Lucid(ルーシッド)と米Rivian(リビアン)について、「自動運転車」に参入するなら両社を構成銘柄に選ぶと、CNBCの番組内で語ったようだ。

■「EVの商品価値を最大化する確実な方法」

株式投資の世界で「神様」と呼ばれている人物がいる。ウォーレン・バフェット氏だ。ウッド氏は「女性版ウォーレン・バフェット」とも呼ばれ、同社のETFは過去かなり高いリターンを叩き出してきた。

そんなウッド氏はCNBCの番組の中で「LucidとRivianの2社に投資をしているか」と質問され、「全くしていない」と答えた。しかし両社が自動運転車を生産する場合に関しては、「この2社へ投資する」と回答している。

ウッド氏によると、自動運転技術を組み込むことは、EVの商品価値を最大化する確実な方法だという。特に従来型のタクシーは近い将来、自動運転EVの車両を使った自動運転タクシーに取って代わられる可能性が高いという。

■両社がウッド氏のお眼鏡にかなう日はいつ?

2007年にEV向けバッテリーの技術開発の会社として設立したLucidは、2016年にEV生産を宣言し、「ポスト・テスラ」の有力候補の筆頭と言われている。2021年7月に米ナスダックに上場しており、2021年12月8日時点の時価総額は約722億ドル(約8兆円)だ。

また米Amazonが出資するRivian社は、2021年9月にEVピックアップトラックの販売を開始し、11月にナスダックに上場した。現在の時価総額は約990億ドル(約11兆円)となっている。

この両社が自動運転技術の開発に乗りだし、ウッド氏のお眼鏡にかなう日が来るのか。注目だ。

▼Lucid公式サイト
https://www.lucidmotors.com/
▼Rivian公式サイト
https://rivian.com/

【参考】関連記事としては「EVメーカーの自動運転戦略一覧(2021年最新版)」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事