ドローン

NASAが宣言!「完全自律型」の空飛ぶタクシーを実現へ

米航空宇宙局(NASA)は2024年1月31日までに、ドローンを自律飛行させることに成功したと発表した。こうした取り組みを通じ、いずれは完全自律型の「空飛ぶタクシー」を実現させる。今回は人間の介入無しで複数のドローンが離発着や飛行を...

空飛ぶクルマとは?(2024年最新版) 開発企業・実用化状況まとめ

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

ライドシェア、対価の目安「タクシーの80%」 変動価格制導入も

デジタルの力で公共サービスの維持・強化や社会変革実現を目指すデジタル行財政改革会議の中間とりまとめが発表された。教育、交通、介護、子育て・児童福祉など他分野に及ぶ課題認識と今後の取り組み方針が示されている。 交通分野では、タク...

空飛ぶクレーン、80kg載せて飛行に成功!狙うは米国上場

ドローンやセンサーの開発などを行う株式会社ワールドスキャンプロジェクト(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:上瀧良平)は2023年12月10日までに、開発中の「空飛ぶEVクレーン」の試作機で、機体重量(70キロ)よりも重い80キロ...

KDDIスマートドローン決算、純損失8.3億円 売上は13億円計上

ドローン事業を展開するKDDIスマートドローン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:博野雅文)の第2期決算公告(2023年3月現在)が、官報に掲載されている。第2期の当期純損失は、前期の当期純損失321万円から大幅に赤字額を増...

安全な「空の道」を提供!トルビズオンが株式投資型クラファンを実施へ

ドローン関連事業を手掛ける株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市/代表取締役:増本衛)は、2023年12月2日から株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、募集による投資申込みの受付を開始...

「空の物流」開発のエアロネクスト、純損失増加2.3億円 第6期決算

エアモビリティの開発を手掛ける株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区/代表取締役:田路圭輔)の第6期決算公告(2022年12月現在)が、このほど官報に掲載された。 第6期の当期純損失は、前期から赤字額を29%増やし2億3,...

自動運転絡みで年収400万〜500万円!国交省が「交通技術行政職」募集

国土交通省は現在、「交通技術行政職」というポジションで働く人材を募集している。 さまざまな産業で利用されている航空や自動車、船舶といった交通分野の制度・ルールを作りその実施を図ることで、日本の安全を守ったり、新技術の実用化に向...

「空飛ぶ軽トラ」開発のプロドローン、純損失1.3億円 第8期決算

産業用ドローンや「空飛ぶ軽トラ」の開発を手掛ける株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:戸谷俊介)の第8期決算公告が、このほど官報に掲載された。当期純損失は1億3,175万円であった。 官報では第6〜7期の...

道、ときどき空へ!「空飛ぶ軽トラ」コンセプトモデルが画期的

産業用ドローン開発を手掛ける株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:戸谷俊介)は、「空飛ぶ軽トラ」のコンセプトモデルである新機体「SORA-MICHI」をこのほど発表した。 SORA-MICHIは、50キロ...