イギリス に関する記事

ロールス・ロイス、自動運転船をインテルとともに2025年実用化へ

英高級車メーカーのロールス・ロイスと米インテルが、自動運転船の実用化に取り組んでいる。フィンランドとノルウェーを拠点に開発チームを置き、2025年の「船出」が目標のようだ。 ロールス・ロイスが開発する自動運転船の運行プラットフ...

自動運転AIと歩行者の「意思疎通」規格、米フォードが統一化へ連携呼び掛け

「点滅」は「動きだそうとしている」、「左右に動く光」は「止まろうとしている」のサイン——。 アメリカ大手自動車メーカーのフォードが、完全運転自動車のAI(人工知能)の「意図」を歩行者などに伝えるため、光の動きや点灯を使ったこの...

半導体設計最大手の英アーム、世界初の自動運転対応プロセッサ 安全性向上、普及...

ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計最大手アーム・ホールディングスは2018年9月28日までに、マスマーケット向け自動運転の普及を加速させるため、新たな「Arm Safety Readyプログラム」や世界初の自動運転対応プロセッサ...

【2018年9月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

自動運転事業を加速させている半導体大手ルネサス・エレクトロニクスによる大型買収や米ウーバー社のタクシー分野への進出、国土交通省による自動運転レベル3・レベル4に関する安全技術ガイドラインの発表…。2018年9月も日本で自動運転やライ...

電動車いす開発のWHILLが50億円資金調達 海外進出・販売強化、将来は自動...

電動車いすなどのパーソナルモビリティの開発・販売を手がけるWHILL株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役兼CEO:杉江理)は2018年9月20日までに、約50億円の資金調達を完了したと発表した。 SBIインベストメント株...

空飛ぶタクシー、2022年にサービス提供開始 イギリスのバーティカル・エアロ...

「空飛ぶタクシー」の開発を進めているイギリスのスタートアップ企業バーティカル・エアロスペース(Vertical Aerospace)社が2018年9月20日までに、サービス提供を2022年までに始めると発表した。まるで映画の中の話の...

英国、30年以内に自動運転車以外の走行を禁止する可能性 事故発生確率を下げる...

英国政府が30年以内に自動運転車以外の公道での走行を禁止する可能性が浮上している。イギリス国内の高速道路管理会社で最高経営責任者(CEO)を務めるジム・オサリバン氏がその可能性について触れており、従来の自動車と自動運転車が混在するま...

フランス国鉄、自動運転列車を2025年以降に実用化へ 日立子会社も参画

フランスの鉄道史上、最大のイノベーションが起きる。そしてその変革はフランス国内に留まる話ではなく、世界に波及していく。 フランス国鉄は2018年9月15日までに、2023年までにフランス国内における在来線の普通列車や貨物列車の...

【インタビュー】自動運転エンジニア最前線 ティアフォーで最先端OS「Auto...

米国、欧州、日本、中国…。世界の大手自動車メーカーや研究機関が、いま競い合うように自動運転車の実証実験に各国で取り組んでいる。その実証実験を陰ながら支えている企業が実は日本にある。名古屋大学発ベンチャーの株式会社ティアフォー(本社:...

イギリス・ジャガーランドローバーの自動運転車、歩行者と「アイコンタクト」 不...

英自動車メーカーのジャガーランドローバー(本社:英コヴェントリー/CEO:ラルフ・スペッツ)が、キモカワイイ自動運転車を開発していることが2018年9月6日までに分かった。自動運転車のフロント部に歩行者を識別するためのバーチャル・ア...