イギリス に関する記事

Kudan、自動運転にも役立つギガポイントマップ生成技術を開発

人工知覚(AP)の研究開発を展開しているKudan株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:大野智弘)は2019年1月31日、10億点以上からなる「ギガポイントマップ」の生成を可能にする独自のSLAM Map(3次元点群)技術を開発...

空飛ぶタクシーとは? 3つのタイプや世界の開発企業を紹介

自動運転技術やドローン技術の進展により、現実味を増してきた「空飛ぶクルマ」。未来を描いた一昔前のアニメやSF映画のように、個人の移動手段が陸主体から空主体に代わるのはもはや空想の話ではない。 実用化に際しては、大半が個人や数人...

乗換案内のジョルダン、「モバイルチケットサービス」提供へ MaaS事業を強化...

乗換案内サービスを手掛けるジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:佐藤俊和)は2019年1月22日までに、経路検索やチケット購入・乗車をスマートフォンだけで完結させる「モバイルチケットサービス」を、2019年から本格...

費用負担は嫌だけど…日本人、AI自動運転で事故減少に期待感

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:塚本良江)などは2019年1月13日までに、AI(人工知能)を搭載する自動運転車などに関する消費者態度の違いを比較するため、欧米先進国...

「自動運転×電車」の最新動向は? 国や企業の開発・取り組み状況まとめ

公共交通における大動脈ともいえる鉄道。この鉄道に自動運転の波が押し寄せている。背景には、運転士や保守作業員など鉄道係員の確保や養成が困難になってきている点が挙げられ、鉄道事業者においてはより一層の業務の効率化・省力化が急務となってい...

「自動運転×タクシー業界」の最新動向は? グーグルの事業展開や日本における取...

アメリカで2018年12月にドライバーが不在でも運行可能な自動運転タクシーが誕生した。米国に後れを取っているものの、日本国内でも営業走行による実証実験がすでに行われており、2020年の実用化を目指す動きがある。普及には時間がかかるか...

日本の経営者・役員、半数以上が自動運転の「安全機能の強化」 に関心

コンピュータ仮想化ソフトを手掛ける米ヴイエムウェアの日本法人であるヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は2018年11月23日までに、日本国内の経営者と役員約500人を対象に実施したAI(...

自動運転車の普及はセックスの回数を増やす 英大学教授が提唱

自動運転車が普及すると人々の車の中でセックスの回数が増える——。こんな論文を英サリー大学のスコット・コーエン教授(旅行学)らが発表し、話題になっている。 寝ててもOK…ボルボがついにレベル4自動運転車を発売へ 自動運...

伊藤忠、イギリスで個人間カーシェア事業に参入 Hiyacar社と資本提携

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長COO:鈴木善久)は2018年10月30日までに、イギリスにおいて個人間(P2P:peer-to-peer)カーシェアリング事業に参入すると発表した。 スマートバリュー社...

自動運転の準備度、日本は総合11位 KPMG調査、法整備遅れ響く 首位オラン...

日本の自動運転車の普及準備度は世界で11位——。国際会計事務所KPMG(本部:オランダ)が自動運転車の普及に向けた法整備や技術開発、インフラ整備、社会受容度の状況を世界20カ国で比べた調査で、日本は韓国に次ぐ11位だったことで2018年10...