自動運転専門家・下山哲平の監修記事

自動運転やMaaS領域のカンファレンスやイベント・セミナーなどの登壇ご依頼を受け付けています。ご依頼の際には【問い合わせフォーム】からご連絡下さい。
下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)



自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの効果が最大限発揮されれば、物流倉庫の在庫...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

トヨタと自動運転(2023年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2023年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化を紐解くべく、ODMの中身をはじめ自動運...

自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの効果が最大限発揮されれば、物流倉庫の在庫...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

トヨタと自動運転(2023年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2023年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化を紐解くべく、ODMの中身をはじめ自動運...

自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上場も?

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどの...

トヨタと自動運転(2023年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2023年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 ...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化...
ほかの監修記事

空港制限区域での自動運転、必要な「共通インフラ」は?

空港内への自動運転技術導入に向け検討を進める「空港制限区域内における自動走行の実現に向けた検...

震災の伝承、自動運転車が貢献 「奇跡の一本松」がある祈念公園で

「奇跡の一本松」のある岩手県陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園で、東日本大震災の伝承活動に...

【2023年1月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル3~4計画が次々

2023年が幕を開けたばかりだが、自動運転に意欲的な各社の動きが早くも活発化している。海外で...

かつてない!?「立ち乗り型」自動運転モビリティに注目

関西電力子会社のゲキダンイイノ合同会社(本社:大阪府大阪市/代表:嶋田悠介)は、自動運転モビ...

トヨタの実証都市Woven City、「第1期」工事がスタート!

トヨタが静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」で、最初に...

ドローンの「レベル4自律飛行」見据え、JALなどが長期実証

2022年12月5日に施行された改正航空法において、「有人地帯における補助者なし目視外飛行(...

トヨタの気になるCASE求人!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2023年1月】

自動車を製造する会社から、モビリティカンパニーへの変化を図っているトヨタ。ご存じのようにCA...

自動運転の米Outrider、ヤードトラック開発で94億円資金調達

物流ハブ向け自動運転トラックを開発しているスタートアップの米Outrider(アウトライダー...

1台で人件費年240万円削減!注目の自動運転配送ロボ

無人搬送車などの開発も手掛ける中⻄金属工業株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:中⻄...

国内初!自動運転で航行する水上EVタクシーが営業

自動航行船を開発するスタートアップである株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市/代表取締役:...

デジタルツインで自動運転実証!フォーラムエイトが新製品

ソフトウェア開発などを手掛ける式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区/代表取締役社長:伊藤...

アメリカの自動運転最新事情(2023年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが...

テスラの自動運転技術(2023年最新版)

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者...

スマートモビリティ、ズバリ「成功のコツ」は?知見集を深読み

自動運転技術やMaaS(Mobility as a Service)が浸透するこれからの時代...

韓国、自動運転レベルを独自設定 改めて基準を明確化か

韓国の産業通商資源部国家技術標準院が、独自の自動運転レベルの分類基準を制定すると発表した。こ...

自動運転車の遠隔対応、1人で最大数千台!Ottopiaの注目技術

シンガポール最大のタクシー会社であるComfortDelGro(コンフォートデルグロ)は、イ...

打倒テスラのTURING、完全自動運転へ「AI信号認識」技術

自動運転開発やEV開発を進める国内スタートアップのTURING株式会社(本社:千葉県柏市/代...

ついに「部活動MaaS」なるものも登場!舞台は山口県美祢市

自動車や自転車、バス、電車など、さまざまな交通手段を個別の移動手段ではなく、1つのサービスと...

アイサンテク、「ワンストップ自動運転」で三菱商事と新会社

測量技術を武器に自動運転分野で活躍するアイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市/代...

トヨタもホンダも日産も「一時休戦中」の合弁会社の正体

開発やサービス実装に向けた競争が激化の一途をたどる自動運転業界。特に、ライバル関係にある自動...

BENTELERがレベル4自動運転車!現規格に準拠「世界初」か

オーストリアの自動車部品メーカーであるBENTELER(ベントラー)の新ブランド「HOLON...

英国の道路渋滞、自動運転車の普及で85%悪化!?

自動運転車が普及することにより、道路渋滞が85%増となるーー。そんな驚きの調査結果が英国で発...

自動運転、レベル別の現状(2023年最新版)

年を追うごとに着実に実用化が進む自動運転技術。レベル3、レベル4はパイオニア的存在に続く対抗...

地味に重要!自動運転車と信号の連携、住友電工が取り組み

住友電気工業は2023年1月18日までに、2025年実施予定の大阪・関西万博会場への来場者輸...

自動運転時代、年間500億円の反則金がゼロに

自動運転時代に到来すると、ある変化が起きる。スピード違反や信号無視などの反則金が徴収されるケ...

自動運転車の事故(2023年最新版)

自動運転に関する死亡事故は、2023年1月時点でアメリカでこれまでに3件発生している。テスラ...

マネタイズも楽勝!AIが「最短ルート」を計算する新交通

総合商社の双日株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:藤本昌義)はこのほど、2023...

地図不要で自動運転!あいおいが資本提携、注目の英ベンチャー

あいおいニッセイ同和損害保険はこのほど、GPS(全地球測位システム)や高精度3次元地図データ...

自動運転、米国株・日本株の銘柄一覧(2023年最新版)

自動運転技術の実用化に伴い、LiDAR開発をはじめとした関連スタートアップの上場が相次いでい...

そろそろIPO?2023年に噂が出そうな自動運転ベンチャー

社会実装に向けた動きが年々活発化している自動運転業界。2022年にはインテル系モービルアイが...