自動運転専門家・下山哲平の監修記事

自動運転やMaaS領域のカンファレンスやイベント・セミナーなどの登壇ご依頼を受け付けています。ご依頼の際には【問い合わせフォーム】からご連絡下さい。
下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報



自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの効果が最大限発揮されれば、物流倉庫の在庫...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

トヨタの自動運転戦略とは?2021年も大変革へ前進、e-PalleteやWo...

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、コロナ禍が起きた...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化を紐解くべく、ODMの中身をはじめ自動運...

自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの効果が最大限発揮されれば、物流倉庫の在庫...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

トヨタの自動運転戦略とは?2021年も大変革へ前進、e-PalleteやWo...

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、コロナ禍が起きた...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化を紐解くべく、ODMの中身をはじめ自動運...

自動運転化の先にある、「無在庫」が当たり前になる未来

自動運転技術が将来、物流・流通分野で「無在庫」を実現するかもしれない。同分野では現在、国を挙げて「スマート物流」や「スマートサプライチェーン」といった取り組みが進められているが、各種取り組みの...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上場も?

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどの...

トヨタの自動運転戦略とは?2021年も大変革へ前進、e-PalleteやWoven Cityに注目

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな...

自動運転業界、「ODM型」が潮流に

OEM生産が主流だった自動車業界に変化が訪れようとしている。自動運転業界では今後、ODMが主流になるというのだ。自動車生産の現場で一体何が起ころうとしているのか。 自動車の生産過程の変化...
ほかの監修記事

Apple、自動運転試験車1台と運転手16人を追加 カリフォルニアDMVに登録

自動運転開発を水面下で続けている米Appleが、公道走行の試験許可を受けている米カリフォルニ...

手動介入147回、路上駐車がネックに 栃木県茂木町の自動運転実証

栃木県無人自動運転移動サービス推進協議会は2021年8月4日までに、栃木県茂木町で6月に行わ...

トヨタ第1四半期決算、利益が465%増 「積極的な未来への投資」に言及、自動運転など視野

トヨタ自動車の2022年3月期の第1四半期決算(2021年4〜6月)が2021年8月4日午後...

2021年下半期に上場予定の自動運転&LiDAR企業6社まとめ

自動運転関連企業のシェア争いの動きがますます加熱し、上場を通じた資金調達の動きが2021年は...

20台を一挙投入!Deeproute.ai、深センで自動運転タクシーの実証サービス開始!

自動運転技術の開発に取り組む中国のスタートアップ企業Deeproute.ai(深圳元戎啓行科...

中国の自動運転ベンチャーWeRideがアクセル全開!買収、資金調達、試験許可取得

中国の自動運転開発スタートアップであるWeRide(文遠知行) は2021年8月3日までに、...

自動運転の最高位「レベル5」、システムと人の役割分担の考え方

日進月歩で開発が進む自動運転。条件付きで自動運転を可能とするレベル3、一定条件下で無人運転を...

約4,000万円!東大発テトラ、空飛ぶクルマの予約販売をいよいよ開始

空飛ぶクルマを開発している東京大学発スタートアップのテトラ・アビエーション株式会社(本社:東...

テスラ、自動運転・ADASの年表!開発はどのように進んでいる?

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者...

中国・北京、ついに高速道路での自動運転試験が解禁へ 総距離143キロ

中国・北京市内の高速道路において、まもなく自動運転車の試験走行が可能になることが、2021年...

見えない前方の道路を「可視化」!TomTom、自動運転対応のADASソフトウェアを発表

オランダの位置情報テクノロジー企業TomTom(トムトム)は2021年8月1日までに、地図ベ...

Pony.ai、自動運転開発の年表!自社ブランドで車両も展開!?

自動運転技術の実用化に向けた取り組みが次のフェーズへ移行しようとしている。純粋な開発・実証フ...

「トヨタの街」に、地上と地下が一体の次世代道路!?自動運転も想定

株式会社大林組(本社:東京都港区/代表取締役社長:蓮輪賢治)は2021年7月30日までに、次...

物流MaaSの先行実証、2021年度の7事業者を選定!経産省が発表

経済産業省は2021年7月30日までに、2021年度に「物流MaaS」推進のために先進的な実...

GM傘下Cruise、自動運転の年表!ハンドルなしのポッド型「Origin」を発表

「自動車メーカー×自動運転開発」で世界をリードする米GM Cruise(クルーズ)。2021...

Waymoの年表!自動運転タクシーのフロンティア、Googleから分社

自動運転開発で世界をリードするGoogle系Waymoは2021年6月、25億ドル(約2,8...

Aurora Innovation、自動運転の年表!トヨタやボルボとの協業も具体化

自動運転開発を手掛けるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノベー...

トヨタe-Palette、自動運転で五輪選手村の「足」に!SNSで世界に拡散

ほとんど報道されていないが、東京オリンピック2020の選手村で、トヨタの自動運転EV(電気自動車)シ...

イーロンマスク氏、「空飛ぶクルマへ参入」の現実味

米金融大手のモルガン・スタンレーのアナリストは最新レポートで、米EV(電気自動車)大手テスラ...

8月4日はトヨタ決算日 第1四半期、中継は?自動運転で何を語る?

トヨタ自動車の2022年3月期の第1四半期決算(2021年4月〜2022年3月)が、2021...

自動運転指数、なぜ車産業がないシンガポールが1位なのか

世界中で実用化に向けた開発が進む自動運転。社会実装には、技術開発と実用化に向けた法整備やイン...

GMのセミ自動運転機能「Super Cruise」、アップグレード&搭載拡大

米自動車メーカー大手GM(ゼネラル・モーターズ)は2021年7月28日までに、高速道路でのハ...

LiDAR業界、プレス発表の嵐 「自動運転の目」で主導権を握るのは?

最近、「自動運転の目」と言われるLiDARの業界の動きが激しさを増してきた。上場に関するトピックスだ...

エンジニアが勝敗の鍵!自動運転&MaaS、気になる求人3選【2021年7月】

自動運転やMaaSといった次世代技術や次世代サービスでは、優秀なエンジニアをいかに多く確保で...

Nuroの年表!自動運転配送ロボットを開発、トヨタが出資

自動運転配送の実現に向け開発を進める米スタートアップのNuro(ニューロ)。米当局の規制をク...

トヨタ「自動運転・MaaS系」非上場子会社、決算6社まとめ

トヨタのMaas・自動運転系の子会社6社の決算が出揃った。黒字額が最も大きかったのはトヨタコネクティ...

【2021年7月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

1年遅れとなった東京五輪がついに幕を開けた2021年7月。コロナ禍における大会とあっていまだ...

かつての「Nextテスラ」上場!自動運転EV開発のFaraday Future

かつて「Nextテスラ」などと脚光を浴びた米Faraday Future(ファラデー・フュー...

日本電産モビリティが黒字転換!175億円も利益改善 自動運転化に必要な製品も開発

自動運転化に必要な製品にも注力する日本電産モビリティ株式会社(本社:愛知県小牧市/代表取締役...

全国初!ホテル送迎バスと一般バスを統一・サブスク化 新潟県湯沢町でMaaS実証

全国初の実証実験が新潟県湯沢町で始まった。ホテル送迎バスと一般乗合バスの乗車券を統一し、サブ...