米ウーバー、月24.99ドルの定額プランを試験中 ライドシェア割引、配達無料…

シェアサイクルは使い放題に



米ライドシェア大手のウーバーが、サンフランシスコとシカゴで月24.99ドルの定額プランの試験提供に取り組んでいる。米TechCrunchが報じた。







定額プランを利用すると、ライドシェアの料金が割引されるほか、ウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリー料が無料となり、自転車とスクータのシェアサービス「JUMP」も使い放題となるようだ。

サンフランシスコとシカゴ以外の都市では、さらに安い料金設定で定額サービスの提供を試験中のようだ。

ウーバーは2018年10月にウーバーのモビリティサービスを定額で利用できる「Ride Pass」の提供を開始しているが、Uber Eatsなどは利用の対象外だった。







関連記事